漢方薬局 美遥

東京都新宿区大久保2-33-23 *新大久保駅、西早稲田駅 徒歩6分
カウンセリングのご予約は・・・☎ 03-6205-5718

ごあいさつ ご相談の流れ
料金について よくある質問
アクセス情報 体験談

■美遥の漢方薬を服用して症状が改善された方の体験談

*慢性蕁麻疹(61歳 女性)

 昨年の夏ごろから、夕方から夜になると体幹に蕁麻疹が出はじめました。下着(ショーツ、ストッキング、ブラジャーなど)で圧迫されていた部分に、脱衣と共にプツプツと蕁麻疹が出てきて、だんだん寄せ集まって丘状になり、酷い状態でした。食べ物等によるものではないので、いわゆる物理的アレルギー(蕁麻疹)で、若い時にも発症したことがありましたが、これほど酷い状態は初めてでした。脱衣後3~4時間で丘疹は落ち着くのですが・・・

>>>詳しい体験談を見る

*インフルエンザの予防(30歳 女性)

 今まで何も病気をすることもなくすくすく育っていた初めて赤ちゃんが、10ケ月になった時にA型インフルエンザになってしまいました。周りにインフルエンザになっている人がいないにも関わらず、お正月明け間もない日、夕方からどんどん熱が出てきて、何をしても泣き止まない状態が続きほとんど寝ることができないまま一夜明け、朝一番に内科に連れて行きました。その日は39度を上回る高熱になりぐったりしていましたが、クリニックで処方されたタミフルを飲ませると落ち着いてきました・・・

>>>詳しい体験談を見る

*20年続いた睡眠障害(64歳 女性)

 20年程前から寝付きが悪く、やっと眠りに落ちてもせいぜい2時間で目が覚める毎日でした。夜中に一度目が覚めると、次に眠れるまで30分から1時間位かかってしまい、ようやくまた寝られたと思うと早朝に目が覚めて、一晩あたりの合計睡眠時間は4時間程度しかありません。当然、昼は眠く、すっきりしない、だるい、それなのに夜になると眠れない・・・

>>>詳しい体験談を見る

*不育症(流産2回)を克服して待望の赤ちゃんが誕生(32歳 女性)

 3年前、最初の流産を7週目で経験しました。再び授かった翌年は、ひどい腹痛とともに二度目の流産をしてしまいました。私の場合は、不育症因子といわれる『第Ⅻ因子凝固活性』が低く、これが欠乏すると血栓や流産を引き起こしやすい体質だということがわかりました・・・

>>>詳しい体験談を見る

*ステロイドから解放された重度の皮膚炎(65歳 女性)

 若い時から皮膚が弱く、何に反応したのかわからないまま、気がつくと荒れてしまっていることが今までに数多くありました。その都度、病院に行って処方された薬を飲むのですが、なかなか効かずに、長い時間をかけて治していきました。今回も手からはじまった炎症が足にも広がり、痒みからひどい痛みに変わってしまい、手を動かしたり歩くのもつらいほどの状態になってしまいました・・・

>>>詳しい体験談を見る

*外科手術せず指の痛みやしびれがすっかり改善(70代 男性)

 以前、CM関節炎になりさらにCM関節脱臼に進み、強い痛みが継続する状態になってしまいました。整形外科医の診断の結果、「手術すれば痛みは取れますが、親指が動かなくなります。」とか「親指のところの骨をとって、腱をつなぐ手術をすれば痛みが取れ動くようになります。」とかいろいろ言われ・・・

>>>詳しい体験談を見る

*あきらめていた頑固な肩こり(40代 女性)

 頸椎椎間板ヘルニア、ストレートネック、巻き肩のため、肩こりや首こりに長い間悩んでいました。マッサージに行ってもあまりコリは取れず、市販の塗り薬は肌荒れしてしまうので続けることができずに、ほぼあきらめていました。。

>>>詳しい体験談を見る

*重症のPMS(22歳 女性)

 私は小学生の頃からひどい生理痛とPMSに悩まされていました。
 生理痛がひどいのは勿論、経血量も多く、外陰部の皮膚の痛み、貧血、めまい、冷え、頭痛、精神不安定が悩みでした。生理1週間前から身体の不調が出てきて、生理3日目までは朝ベッドから起き上がれないほどの怠さがありました。

>>>詳しい体験談を見る

*低体温、左手の痺れ、吐き気を伴う頭痛(47歳 男性)

幼少期より、貧血と起床時の体温が低く、現在でも34.8℃~35℃良くても35.5℃程度と低い状態が続いていました。同様に貧血も改善しておらず、貧血による立ち眩みなどが不定期ではありますが起こっていました。また、時折起こる吐き気を伴う頭痛(側頭部、後頭部からの痛み)にも悩まされ、仕事が手につかないことも度々あり、鎮痛剤(アスピリン製剤)を1日通常用量の倍である6錠/日を服用していました。

>>>詳しい体験談を見る

*足の浮腫(30歳、女性)

まるで自分の足ではない程に足が浮腫んでしまい、自己判断で着圧ソックスを履いても効果なし。日に日に悪化する足を見て病院へ駆け込み、番号がついている医療用の漢方を処方してもらったのですが、3日飲んでも全く効果がなく、どうすることもできませんでした。

>>>詳しい体験談を見る

*アトピー性皮膚炎(34歳、女性)

幼少期にアトピー性皮膚炎のため、様々な薬を服用したり塗ったりしていましたが、環境を一度変えたことをきっかけに、二十歳頃以降には、皮膚炎は綺麗になくなっていました。しかし、近年、突然左ひじの内側に湿疹が発症し、1年半で炎症範囲が広がり、右ひじの内側にも広がってしまいました。

>>>詳しい体験談を見る

*頑固な頭痛(62歳 男性)

以前より肩や首の痛みなどから発症する頭痛に悩まされていました。また、最近では仕事でパソコンを使うようになり、目の疲れからくる頭痛もあり強めの鎮痛剤をかかりつけの医者に処方してもらい、多い時は1週間に2回程度の服用をしていました。

>>>詳しい体験談を見る

*便秘 (22歳、女性)

私は体質的に、旅行や合宿など普段の生活環境とは違う場所で外泊をすると、環境の変化によるストレスのせいか、必ずといってよいほど毎回頑固な便秘に悩まされていました。

>>>詳しい体験談を見る

*下痢と便秘の繰り返し  (51歳、女性)

最初は漢方エキス剤の量が多くて、飲みにくいと感じることがありましたが、飲み始めて5日目にはするすると快便の兆し。便秘と下痢を繰り返す日々が嘘のようです。

>>>詳しい体験談を見る

*風邪でいつまでも残る咳(30歳、女性)

乾燥続きの日が続いて、過去に例がないほどのインフルエンザが大流行した今年(2019年)の1月。外出時はマスクを欠かさず、手洗い、うがいも気を付けていたのですが、とうとうひどい風邪をひいて、熱は38度強まであがり、関節が痛く、鼻水もダラダラ、咳まで出始めてしまいました。

>>>詳しい体験談を見る

*片頭痛からの解放(31歳、女性)

仕事がとても忙しく、そのストレスから自律神経失調症になってしまい、ひどい片頭痛・頭痛に悩まされていました。今まで頭痛専門外来に通院したり、大手漢方薬局でて漢方も処方してもらいましたが、いまひとつ効果を感じることができませんでした。

>>>詳しい体験談を見る

*7年以上続いた慢性鼻炎(51歳、女性)

アレルギー性鼻炎を発症してかれこれ7年。
花粉の時期だけではなく、一年中ひどい鼻水とくしゃみに悩まされていました。
突然起きるくしゃみの連発、止まらない鼻水、起きている間中続く不快感で、仕事にも集中できず、外出が辛くなり精神的にも落ち込みがちな状態でした。

>>>詳しい体験談を見る

*中学生の頃から悩んでいたニキビ(20歳、女性)

今まで皮膚科に通院して、西洋のお薬とツムラの漢方薬、両方を服用していました。
1年ほど続けていたのですが、思っていたほどの効果がみられなかったので、今回はこちらの漢方専門薬局で処方していただきました。

>>>詳しい体験談を見る

*とまらない生理(34歳 女性)

1年半ほど前から突然、生理がダラダラと3週間も続くようになり、終わったと思うと7日後にまた生理が来てしまい、いつもナプキンが手放せないひどい生理不順に悩まされていました。

>>>詳しい体験談を見る

*つらい悪阻(つわり) (29歳 女性)

妊娠3ケ月を過ぎたころから、だんだん悪阻がひどくなってしまいました。
一日中横になっていても気持ちが悪く、食事がほとんどとれずに吐いてしまうことが何度もあり、体重はどんどん減少してやつれていきました。

>>>詳しい体験談を見る

*手術せずに治った唾石症(20歳 女性)

食べ物を飲み込むとき、喉に違和感を感じていましたが、そのうち徐々に痛みがでてきて、少しずつ喉も腫れてきてしまいました。
数日間様子をみていましたが、喉の腫れが更にひどくなり、食べ物を飲みこむたびに激痛が走るようになってしまったため、近所の耳鼻咽喉科に行ってCTスキャンを取って診断していただきました。

>>>詳しい体験談を見る

※ご紹介した内容は経験談であり、すべての方々に当てはまるわけではありません。

ページのトップへ戻る